事故現場に遭遇
昨日、次のクライエントの家に行く途中、事故現場に遭遇。
青い制服を着た人が2人歩道に立っている...って、うちの制服じゃん??
まだ救急車も来ていないし、一応First Aidの資格もあるので様子を見に行ったら、10歳くらいの男の子が道路脇に倒れていて、男性が介抱している。
自転車はぐしゃっとなっているけれど男の子の方は、外傷はなさそう。

自転車に乗った男の子が駐車してあった車の間から飛び出してきたのを、同僚は避け切れずにぶつけてしまったのだ。
悪い時に悪い場所にいるってこういうことなんでしょう。
事故に遭った男の子の母親は、私もよく知っているキャロルだったのでもうびっくり。
彼女とは、つい最近一緒に特殊な人工呼吸法を習ったばかりというのも、何か因縁めいたものがあるのかしら。

それぞれは面識ないんだけど、私だけ当事者全員を知っている。すごい世界です。
それだけにどう声をかけてよいものなのか...

自分では、どんなに気をつけていても、どうすることもできない時ってありますよね。
でも運転しないと。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-10 18:21 | 私の毎日
<< マックのヘルシーメニュー<携帯写真> 夜8時の空 >>