受難のラドクリフ
アテネオリンピックの女子マラソンに続き女子1万メートルでも途中棄権した、グレートブリテンのポーラ・ラドクリフ。
彼女はオリンピック前からもあちこちの広告で見かけていたくらい、人気者。
ところが、今回のオリンピックでのパフォーマンスの悪さに契約をキャンセルする企業が続出。
ペプシ・コーラやクエーカー・オーツといった大手2社も手を引いて、今回キャンセルされた広告の推定金額が100万ポンド(20億円)とも言われているほど。

中でも、クエーカー・オーツ(Quaker Oats)のQuaker Oatso Simple(インスタント ポリッジ)は、オリンピック直後に放送するCMのキャッチフレーズが
"It helps you go the distance."
だったそうだ。

(長距離が行ける←ポリッジって腹持ちがいいからね、それにかけているのだ)

確かに、そのキャッチフレーズじゃ無理が...

Radcliffe dropped from porridge advert
(でも、彼女喘息もちで、ステロイド系の薬が使えなくて呼吸が苦しかったらしいです。)
↑ 一応援護しておかないと、ね。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-13 17:38 |  L芸能
<< 大人の三輪車 マックのヘルシーメニュー<携帯写真> >>