THE BOY WHOSE SKIN FELL OFF
昨夜、釘付けになった番組
THE BOY WHOSE SKIN FELL OFF


ジムで見始めて途中で速攻で帰って続きを見ました。
(だって閉まる時間だったので)

36歳のジョニーはEBという、皮膚が常に剥けてしまう先天性の病気を持っているのですが、あまりにも剥けて新しい皮膚を作り出しているためにガンになったんです。
もちろん彼は自分の余命を知っているから、自分の葬式の準備をしながらチャリティの為に精力的に働くんです。
亡くなるまでの4ヶ月を追っているんだけど、かわいそうというより彼の考え方がすばらしくって共感する所がたくさんあって、悲しかったな。

なんか自分は大したことしていないんだなあ、ってつくづく思いましたよ。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-03-26 16:11 | 観たり聴いたり
<< 本屋で爆睡 日本戦チケット! >>