ガンを嗅ぎ分ける犬
以前から、犬が飼い主のガンを嗅ぎ分けたという例があちこちで聞かれ、医学誌にもレポートが載っていたそうですが、バッキンガムシャーの病院がそれを裏付ける研究を行ったところ、膀胱がんの嗅ぎ分け率がなんと41%!
偶然に嗅ぎ分けることができる率は14%なので、それと比べるとかなりの成功率と言えますね。

中でも興味深いのがテスト前のチェックでガンがないとされていた人に対し、実験に使った犬全部が、「異常あり」と反応。
被験者を詳しく調べてみたところ右の腎臓に腫瘍が見つかったそうだ。

ガンの患部から『特別な匂い』が出るのを嗅覚が鋭い犬が嗅ぎ分けるようです。
いろいろな種類で試した結果スパニエルが一番成績がいいとか。

犬を上手く訓練すれば、ガン検査に登場する日も近いかもしれません。

Dogs 'sniff out' bladder cancer

[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-27 07:43 | 英国ニュース
<< ヴァージン宇宙の旅! イングランド ストライカーの好... >>