こおろぎ出没にたじろぐ息子
先ほど起こったタイトル通りのお話です...

実は、夜になるとうちのバスルームで虫の鳴き声が聞こえるんです。

でも姿が見えない。

まあ、食べ物なんてないだろうから、どこかに行くか、死んじゃうかな、なんて気軽に思っていたら...
一ヶ月たっても健在。毎晩、元気のいい鳴き声がバスルームに反響しています。

ある晩、カサカサとゴキブリのような音がするので見れば、現れたのはこおろぎ
「見たんだったら、捕まえてよ!!」と言うは簡単だけど、コイツ、ものすごくすばやくて全然捕まえられない。

そんなこんなで秋分が過ぎた辺りから、まるで秋の夜長を楽しむかのように鳴き始める時間が早くなってきた。
...と思っていた、この頃。

トイレに入っていた息子が叫びながらも独り言をいっているのが聞こえてきた。
「おお、キリギリスだ!」
(違うよ、こおろぎだってば。キリギリスはみどり色だし形も違うのに見分けつかないのか、コイツ?)
「始めて見たよ。動いてんの。」
(生きてるから、そりゃ動くでしょ)
「こっち向いたよ! こっち見てるよ。」
(気のせいじゃない?)
「こっ、こっちに向かってくる、来るな、来るな、ギャー」
~ここには書けないような、Fのつく言葉を連発しています~

「怖かったじゃないか~ トイレからはみ出すところだったよ。ハアハア」
(息が聞こえる程興奮しちゃったらしい。笑っちゃいけない...)

こんなに気が弱くて世間が渡れるんだろうか?
かまどうまじゃなくてよかった。

ちなみにバスルームは2階にあります。
一体どうやって入ってきたんだろう?
[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-29 05:21 | 萌える息子
<< 青い瞳と青い口元 ヴァージン宇宙の旅! >>