BBCジャパン、12月1日開局
日本の衛星・ケーブル市場はおいしいと見た国営放送のBBC。
ヨーロッパ、中東・アフリカに続き、アジア・パシフィック市場に参入。
BBC to entertain on Japanese TV
肝心の内容は、コメディ、ドラマ、ドキュメンタリーのミックス。こっちでいうなら、BBC1と2を合わせたものって感じでしょうか。

BBCはなんだかんだいいながらも、既にいろいろな番組を日本に送り込んでいて、今回開局のBBCジャパンもその辺りが中心になりそう。
コメディでは、
フォルティタワーズ( Fawlty Towers=昔、日本でも70年台後半くらいに放送)
ブラッカダー(Blackadder=ビーンのローワン・アトキンソンのコメディ。個人的には中世が舞台のBlackadder3がおもしろい)。
クイズのウィーケストリンク (The Weakest Link)、
ドラマはジェーンオースティンの「自負と偏見」(Pride and Prejudice)
子供番組ではトゥイーニーズ(The Tweenies)
音楽はトップ・オブ・ザ・ポップス(The Top Of The Pops)


う~ん、冴えませんね。このラインナップじゃお金を払って見たいとまでは思いません。

もちろんクオリティに自慢できるものもあるけれど、それはほとんどがドキュメンタリー。
The Blue Planetなんてこちらでは普通に地上波でやっていたものを編集して日本では映画公開するくらいだから。
それに、イギリスのドキュメンタリーって割と淡々とナレーションが入って進んでいくので、にぎやかな日本のドキュメンタリーに慣れた人たちに、受け入れてもらえるかというところから戦略を考える必要かあるかもしれませんね。

なぜって、国営放送は各家庭からの「TVライセンス」でまかなわれていますからね。
私が払った2万円ちょっとだって無駄にはして欲しくないわけです。

海外に進出すればするほど、TVライセンス撤廃論に1票!と思ってしまいますが、ネットのニュースもここからとっているし、実はメールアドレスもメインはBBCがやっているフリーメールなのでちょっとは元を取っているかもしれません。

04/10/28
[PR]
by lisalisa9 | 2004-02-01 00:15 |  LOdds
<< 外交官特権乱用!ロンドンの駐車... ケンブリッジ大に通っていてもバ... >>