オックスフォード大の学生がグーグルを使ってしたことは
つい最近、ケンブリッジ大の学生が鎮痛剤が切れたからという理由で救急車を呼んでひんしゅくを買った話が記憶に新しいのですが、今度はオックスフォード大。

オックスフォード大一年生の2人が大学のコンピューターの弱点を暴く、として侵入。
学生が使うコンピューターのパスワードの一覧表や警備用のカメラの映像まで見た、と学生紙オックスフォード・スチューデントに記事を掲載。
コンピューターに侵入するのに、グーグルで検索して簡単に手に入れられるソフトを使ったという。


入っちゃいけないとは分かっていても、やってみたくなる学生っているもんですね。
私の知っている中学生が12歳か13歳で学校のシステムに侵入しようとして、あと一歩のところで阻止されてますからね。
でも、それをできたとしても普通はだまってますよね。
実際にやって発表しちゃうところがまだ子供なんだろうなあ。
全国紙で、よく、空港スタッフになりすまし、警備の弱点を突く記事を見かけるけれど、それと同じように思っていたのかな。どうなんでしょう。
Oxford pair suspended for hacking
[PR]
by lisalisa9 | 2004-02-01 00:19 |  LOdds
<< スクービー・ドゥーの本名を知っ... 極上のコーヒーは猫のウンチ >>