地球に優しくても手には優しくない洗剤
うちの地域で、やっとリサイクルが始まって数ヶ月。
やるぞとはりきった割には、実はまだ一度も出していません。
なんたって、家の前に出すといってもそんなの出したら、狭い歩道の障害になるもの。
それに、紙もアルミ缶もガラスも一緒に黒い箱に入れて回収するという方法も、分別の意味が全然なくてイマイチなんですよね。

そんな私でも、オーガニックとかエコロジーという言葉には弱いので、『環境にやさしい』台所洗剤を使っているのですが、
ものすごく手が荒れるんです。
一体何が入っているんだろうと思わせるほど皮がすぐむけるんです。
私だけかなと思っていたけど、友人に聞いたらみんなあっという間に手の皮がむけるといっていたから自分だけ敏感というわけじゃないみたい。

どんなに環境に優しくても手に優しくなかったら、使えません...
[PR]
by lisalisa9 | 2004-11-01 09:30 | ホリスティックな生活
<< 8曲歌って5400万円!ビル・... 変種の狂牛病、フランスのヤギか... >>