日本ではウケなかったイギリスのキャンディ
a0005086_95199.jpgランカシャー州、ウィガンの
お菓子、
Uncle Joe's Mint Balls

添加物なしのこの飴は原材料が黒砂糖とペパーミントオイルとCream of tartarだけ。
ベッコウ飴にミントを足した素朴な味がします。
ミントオイルの混ぜ具合なのか、一粒一粒でミントの濃さが微妙に違うのも均一の品質や規格に慣れてしまった私から見ると魅力的。
個人的には、一番美味のミント飴だと思います。

このおいしさ、日本にも分けてあげたい(って昔のチェルシーのCMを思い出した)
と思ったら、日本でも一時期、販売されていた時期があるそうで、わざわざ日本人の嗜好にあわせて飴の大きさをひと回り小さくしたんだとか。
それでも、あまり売れなかったみたいですぐに販売中止に。

友人曰く、ミントの濃さが一定じゃないからとかパッケージがレトロだからとか言っていましたが、どうなんでしょうか。
両方だと思うけど。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-11-07 09:29 |  L英国食事情
<< 40年間行方不明だった幻のビー... ベッカム、ハリウッドに進出か? >>