ピンクフロイドの曲のロイヤリティを求めて当時の子供達が控訴
ピンク・フロイドの1979年全米&全英No1ヒット、 Another Brick in The Wallの ♪We Don't Need No Education~♪のコーラス部分を歌った子供達が、ロイヤリティのの支払いを求めて控訴。
ところが、これ、当時のイスリントンの中学の音楽教師が校長に知らせないまま、23人の子供達をスタジオに連れて行きレコーディングをした秘話があるという。
あまりの過激な歌詞に驚いた音楽教師は、子供達が関わっている証拠が一切残らないように手配したため、誰が実際にコーラスを歌ったのかの記録が全く残っていないそうだ。
ピンクフロイド側からは、一度学校へ1000ポンドの支払いとプラチナレコードを送られたそうです。
なんか、これだけでも十分だと思うんだけど、どうなんでしょう?貪欲という感じがするのですが、これって個人の当然の権利なのでしょうか?ちょっと自分の理解の範囲を超えています。
個人に贈るより、次回があればまた学校へ寄付という形で還元されるといいのだけれど。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-02-01 00:58 |  LOdds
<< イギリスの子供の5人に2人が麻... 裁判を携帯で撮った19歳に6ヶ... >>