イギリスの肥満児の親の7割は子供の体重が適正だと思っている
イギリスの肥満児の親の7割が子供が肥満であることに気づいていない。
そんなショッキングな調査結果がプリマスのデリフォード病院の研究チームによって発表された。
母親の33%、父親の57%は、肥満児の自分の子供の体重を『標準』であると思い、男児の肥満は親に認識されない傾向にあるという。
6歳から15歳の肥満児の割合は1990年に比べ3倍に増加。
親も、肥満の母親の40%、父親の45%が自分の体重は適正だと思っているという。
親の認識の低さ、子供が肥満であることを受け入れない心理、全体で肥満が増えているために昔に比べて気付きにくい、などが子供の肥満に拍車をかける原因に挙げられるという。
Parents 'unaware children obese'


子供達のお弁当や夕飯を見る限りでは、カロリー摂取過多になるほど食べているとは思えないほど小食です。ということは、イギリスの食品は小さいながらも高カロリーってことですね。
これで、スウィーツと呼ばれる食後のケーキやアイスクリームの類を食べなければ少しはヘルシーになるかなあとも思うのですが。
やっぱり運動量が少なすぎるんですよね。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-12-01 09:11 | 英国ニュース
<< 昔の自転車でオーストラリア横断 今、居留守を使っています >>