エルトン・ジョン、クリスマス直前にベッカム邸内チャペルで『挙式』
エルトン・ジョン(57)が長年のパートナーであるデイビッド・ファーニッシュ(42)氏とデイビッド・ベッカム宅の敷地内のプライベート・チャペルで今月23日に遂に挙式を行うことになった。
当日は、ベッカムとヴィクトリアの息子たちであるブルックリンとロミオの洗礼を先に行い、終了した時点で直ちに挙式を開始。
ベッカムが二人のベストマンになり、子供達はページボーイになる可能性が今のところ有力視されている。
一度(元スチュワーデスと)結婚しているエルトンは、今回の式はプライベートに、ごく少人数で行いたいと考えていて、式後のパーティも50人程度が招待されるのみだという。
教会に座れる人数はわずか20人と少ない上、外からでは教会の様子が全く見えないため、スターにはうってつけの場所と言える。

イギリスでは来年から、法的に同一性の結婚が認められ、男性同士の結婚でも普通の男女の結婚同様の権利を認められることになっていて、エルトンも書類を来年早々に提出するであろうと言われている。
ELTON WEDS AT BECKS' PALACE


う~ん、遂にきましたか。
エルトンが挙式。

ちなみにベッカムの役、ベストマンは挙式で二人の結婚指輪を差し出す重要な役割があるのです。なんか、想像しちゃいますね...

ブーケを持つのはどっちだろうってふと思ったのですが、もちろんエルトンですよね。
バラと百合あたりでブーケ作って...
どうしてか分からないけれど、ブーケが頭から離れません。

話はズレますが、フレディ・マーキュリーもまだ生きていたら誰かと挙式をあげたのでしょうか?
こっちの方がビジュアル的にすごいですね。

いろいろ想像すると、妄想に浸りながら楽しい夜が過ごせそうです。

04/12/12
[PR]
by lisalisa9 | 2004-12-13 08:04 |  L芸能
<< ディケンシアン・クリスマス・フェア カルポルを買いに >>