イギリス、コンビニ事情
ロンドンなどの大都市は別として、地元リバプールなどには はっきりいって日本のセブン・イ○ブンのようなコンビニエンス・ストアがない!!
今でこそ、日曜日にもスーパーが開くようになりましたが、それでも法律で日曜日の営業時間は6時間と定められているので、コンビニのない生活はつらい…

というわけで、リバプールのコンビ二もどきをご紹介しましょう。
いきなり番外編のようですが、まずはコープ(co-op)。街のいたるところにあるミニスーパーで日曜開店はもちろん、クリスマスにも開いています。夜10時まで営業。
ちょっと高いのが玉にキズ。
a0005086_1084194.jpg

次は、お得意のASDA。月曜から金曜まで24時間営業。土曜は夜中の12時までで日曜は9時から4時。
本も指輪も買える程の品揃えが豊富で、店の規模が半端じゃないところが素敵。
さすがに魚屋さんとかピザの注文とかはできませんが。
a0005086_1081392.jpg

そして、ガソリンスタンド。意外とここが一番使い勝手があったりします。
特にここなんてスーパー、セインズベリーの直轄店なのでセインズベリーのラザニアとかヨーグルトなんてのも売っています。スーパーと同じものを特売をするのが魅力的。
a0005086_1082880.jpg

でも、ここも10時までしかやっていない…

閉まっているならそれなりにやっていくものなのかもしれません。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-20 20:56 | 英国いろいろ
<< 郷に入っても郷に従えない人 ドライバー、冷凍ソーセージで骨折 >>