七面鳥が焼けた
前回の続きです。うっかりしていたら、クリスマスになってしまう!

一気にいきましょう!
a0005086_18481951.jpg

左から、オーブンで2時間経ったところ。最後の30分はアルミ箔なしです。
中央、出来上がり。色が全然違うでしょ?このまますぐには食べられません。
最低10分から30分ほど置いてからでないと、うまくスライスできずにボロボロになってしまいます。始めの頃は、それを知らなくてよくぼろぼろにしてました。
右が、ロースト中に出てきた焼き汁。これに私はジブレットとくず野菜の茹で汁を入れ、火を通した後、一度漉してからチキンストックを入れ、コーンスターチでとろみをつけてグレービー・ソースにします。

a0005086_1848574.jpg
あとは適当に…
ローストポテト、ミニソーセージにベーコンを巻いたもの(キルトを着たソーセージって名前がついている)、ローストした人参、パースニップ、オニオン、ねぎ、ローズマリー。
これだけあれば十分でしょう。

というか、2人でこれは多い!
イブから食べ始め(本来は当たり前だがクリスマスに食べる)きっと、26日のボクシングデーも食べているでしょう…ううっ
[PR]
by lisalisa9 | 2004-12-24 23:28 |  L英国食事情
<< メリークリスマスfrom Li... 『金曜日』の語源とサンタクロー... >>