8歳以下の携帯電話の使用は危険-英国放射線防護庁長官が発言
英国放射線防護庁(NRPB)National Radiological Protection Board (NRPB)の長官ウィリアム・スチュワートがBBCのラジオ番組内で、非常時でない限り3歳から8歳の子供に携帯電話は使わせるべきではない、と発言した。
また、まだ子供への長期にわたる使用の影響についての調査は不完全なものがあり、責任を持って安全であるとは言い難い、とも語った。

昨年、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、携帯電話を10年以上使用した場合の耳内ガンの発生率が4倍になると発表。
オランダや他のヨーロッパ内での研究結果でも、携帯電話による脳障害の関係や放射線によるDNAの損傷が示唆されている。 Child warning over mobile phones


元記事にもありましたが、直接耳に当てる通話よりもテキストを送る方が安全とか。
子供が使い始めたのは、ほんのここ数年の話ですから、長期的に使用した場合の影響などは徹底的に調査してほしいものです。

05/01/11
[PR]
by lisalisa9 | 2004-02-01 01:40 |  LOdds
<< 名前がまずい『津波バーガー』に... 女性ドライバーの男性化に拍車 >>