20年間寝ていない男
ウクライナに住む64歳のフィオドル・ネスタチャックさんは、この20年間一睡もしていない。
「不眠が始まった正確な日も、理由も分からないが、急に寝付くまでにかかる時間が長くなり、最後には一睡もしなくなったんだよ。つまらない科学雑誌を読んでウトウトして眠れるんじゃないかと思ったけど、目が覚めてね。一時的なものと思っていたけど、20年続いたからね。今じゃ、すっかり慣れたよ。」と話す。
地元の医師が、彼を詳しく調べたが原因は不明。身体には何の異常も見られなかったという。
Ukrainian hasn't slept in 20 years


みんなが寝静まった時間には、読書をすると言ってますが、それって脳が休むことがないというわけですよね。
私は、反対にいつでもどこでもすぐに睡眠体制に入ることができるし、居眠りも得意なのでいつも脳が休んでいます。
プログのエントリーを打っている時も、ふと気がつくと、rrrrrrrrrrrrrの文字列が並んだ下書きが。

身体機能的には何も異常がないと言っていましたが、そういうことはありえるのでしょうか?

2005/01/18
[PR]
by lisalisa9 | 2004-02-01 01:47 |  LOdds
<< 一年で最悪な日は1月24日 英・人種差別による犯罪が増加 >>