実物のガンダムもどきアラスカに現る
アラスカに住む、カルロス・オウェン・ジュニアさんは2003年の10月から200万円をかけてヒューマノイドの『メカ』を建造中。
a0005086_20301.jpg

腕からは火炎放射、肩からは20センチの釘を発射可能だという。
Giant humanoid will fire flames

本当に武器がついているのが、アブナイですね。
05/01/21
[PR]
by lisalisa9 | 2004-02-01 01:51 |  LOdds
<< IQが低い人ほど自殺する インド洋津波行方不明者に死亡証... >>