卵巣がん、前立腺がんの原因は乳製品の食べ過ぎ
以前から、乳製品と卵巣がん、前立腺がんの関係は知られているが、スウェーデンの研究所が38歳から76歳までの女性6万1千人を対象に13年間調査した結果、牛乳をコップ2杯以上飲む女性は卵巣がんを発症する可能性が高くなることを発表した。
一日に4サービング(*注)以上食べる女性は卵巣がんの発症率が倍になるという。
原因については、まだ完全に解明されていないが、 牛乳に含まれるラクトース(乳糖)がホルモンの分泌を過剰に促進し潰瘍を作るのではないかと考えられている。

研究所では、現在、セミスキムミルク、スキムミルクでの違いを調査中。
Milk link to ovarian cancer risk

注)1サービング=一度に食べる量のことで、一般的には、牛乳250ml、チーズ25g、ヨーグルト、130gくらい。

牛乳は、そのまま飲まなくてもコーヒーや紅茶に入れたりしていますからね、気がつかないうちに結構飲んでいるかもしれません。
チーズ25gなんてチーズトーストにもならない量です。

2005/01/24
[PR]
by lisalisa9 | 2004-02-01 01:55 |  LOdds
<< 「気○○い」テディー・ベアに非難殺到 キリストのマンガを描いて懲役6ヶ月 >>