イギリスガレージ事情その2
疲れた…
ごめんなさい、コメントのお返事がまだですが寝ます。
その前に今日疲れた理由を書かないと。

3日くらい前から車のギアを入れるとカタカタ音がするようになったんです。
スピードランプ(イギリスでは俗にsleeping policemenって言います)を30くらい越さないと行けないような家に毎日行くので、絶対にそのせいだって思ってました。
ここだけの話ですが、私、ランプも50~60kmくらいの速度で通る飛ばし屋なんです。
これは排気管が外れそうなのかな?やばいな
と、早速近所のガレージに持って行きました。

幸か不幸か車がないので、歩いて街まで買い物。
あれこれ買い込みました。
その中でもこれは…ちょっと…というのも買ってみたので後日報告します。

車の方ですが、排気管ではなくカバー(シールド)が浮いて排気管に当たって音を立てていることが判明。
「排気管そのものは全然問題ないから、シールド外したよ。」
は???外したまま…ですか?
「大丈夫、車の下はキレイだったよ」
いえ、そういう問題じゃなくて…
で、修理代は?
「いらないよ、タダでいいから」
…え、タダですか?

なんか複雑な気分
飛躍しますが、虫垂炎にならずに盲腸を取るとこんな気分になるのかもしれません。

腕はいいんだけど、やっぱりイギリスだなあと思わせてくれた修理屋さんのオーナーでした。
(あ、顔もいいですけど、関係ないですね)

後で、そのカバーって排気管を守るために一番こすりやすいところについてるやつだろ?と突っ込みを入れられて頭が痛~い!
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-09 09:17 | 私の毎日
<< キャッチーな音楽には秘密がある?! ツタンカーメン王の死亡原因がつ... >>