老後に日本を選択する人達
国際結婚で海外生活

私の置かれた状況も「面白い音楽は」(maida01)さんの叔母様と似ています。
違うところは子どもが一人いることくらいか。
私も今のところ帰国しないつもりです。
老後となれば、またちょっと別ですが。

離婚した友人との話になると必ずといって出てくるのは、老後の話。
同世代の彼女は子どもが大学を出たら、帰国するという。
彼女の息子はまだ小学生だ。
医療や年金のことを考えるとイギリスの制度では頼りないと言う。
彼女は今も日本で国民保険をかけているから、帰国しても日本の福祉の恩恵を受けることができる。

知人は、子供達も成人し孫もいるが一人暮らしだ。
50台の彼女、定年までイギリスで働いてから帰国する、と言う。
体の自由がきかなくなって施設に入所するなら、やっぱり日本語に囲まれたい、と言う。

もう一人の知人は、離婚した際に高額の慰謝料が入ってきた。
広い庭付きの家に住み、スペインに別荘を持ち、何の不自由もない生活。
でも、老後は帰国するという。

幸せな結婚生活を送っている50代の知人は、主人が亡くなったら帰国するという。
彼がいるからここにいる。亡くなったらイギリスに住む理由がない、と言う。

老後や生命保険、貯蓄の話をいつもするのは海外に住んでいるからでしょう。




せっかくの日曜日に暗い話題でしたね。ごめんなさい!
[PR]
by lisalisa9 | 2004-04-18 19:03 | 私の毎日
<< 元祖ながら族(これ、死語ですよね) 93歳ロンドンマラソンに挑戦! >>