金色の米
ビタミンA欠乏症の対策のために改良を重ねて作られたお米、ゴールデンライス。
WHOによるとビタミンAの欠乏により失明する子供は、毎年50万人にのぼるという。

ゴールデンライスは従来種に比べ20倍のベータ・カロチンを含むので主食のみでビタミンAが摂取できるのではないかと期待されている。
5年前にスイスの研究所で試作されたときは、米に含まれるベータ・カロチンの栄養価が不十分だったが、改良され、フィールドでの実験段階に来ているという。
GM 'golden rice' boosts vitamin A

期待が持たれている、というけれど、GM(遺伝子組み換え)米ってどうなんだろう。
サプリメントを摂るのと比べたら、同じようなことなのかな?

リンクの画像を見ると、粒の長いロンググレインではなくて、日本風の粒が短いショートグレイン米だった…
日本の食卓にあがるのも、もうすぐかもしれません。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-28 23:42 |  LOdds
<< 教会が賛美歌の着メロを発売 FX Player >>