昨年のインフレ率の4倍の伸び!!-イギリスの子供のお小遣い
イギリスの7歳から16歳の一週間にもらうお小遣いはいくら?
Halifaxが調査したところ、イギリスの子供たちがもらうお小遣いの額は、去年に比べ6%増の8.37ポンド(1674円、月6696円)。
金額には地域差もあり、お小遣いを最も多くもらうのがウェールズの子供たちで週13.51ポンド(2,702円、月10,808円)。
最も少ないのは南西部に住む子供たちで週4.87ポンド(974円、月3,896円)だった。
また男女差もわずかながらあり、男子の平均は週8.62ポンド(1,724円)に対し女子は週8.13(1626円)ポンド貰っている。
昨年の調査では、わずか15%の子供が家の手伝いをするなどで自分でお小遣いを稼ぐと答えていたが、今回は55%の子供たちが、家の手伝いをしてお金を貰っていると回答した。Pocket money levels 'rising fast'


どうなんだろう。
月1万というのは多いよね。それともうちがケチなのかな?
7歳と16歳じゃお金の使い道も当然違うだろうし、うちなんてこんなにはお小遣いをあげていないです。
どうするのか聞いたら、お金が欲しい時は、給食代を切り詰めているんですって。
ジェイミー・オリバー君ごめん、ここにいい加減な学校給食を選ぶ人間がひとりいるよ。

ところで、他のヨーロッパの子供たちはどうかというと、
今年の1月に発表された10歳から17歳の子供のお小遣いについてのマーケットリサーチの調査があって、それによると
ヨーロッパの子供たちが一年で貰うお小遣いの額は、
1位 イギリス £775 (15万円)
2位 スウェーデン £697 (13万9700円)
3位 オランダ £575 (11万5000円)
4位 フランス £442 (8万8400円)
5位 ドイツ £438  (8万7600円)
6位 イタリア £341 (6万8200円)
7位 スペイン £310 (6万2000円)


子供たちが使うのは、 しつこく攻撃を続ける方法"pester power"で親の収入の3分の1 までをお小遣いとして貰ってしまう子もいるとか。
お金は、携帯のプリペイド代、食費の他に化粧品代として大半が消えていくという。


イギリスの子供たちってヨーロッパで一番リッチだったのね。
というか、
ここの物価が高いから多く貰っていても、実際の使い甲斐はないのかも。
それにしても、この世代の4人に3人が化粧をするというだけあって、お金の使い方も半端じゃないですね。
私ももっとお小遣いを増やしたいものだわ。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-01 19:42 | 英国ニュース
<< ストラップ欲しい人いませんか!?? オジー・オズボーン、火事で避難 >>