チャールズ皇太子の結婚式が一日延期に
今週の金曜日にウィンザーのギルドホールで結婚式を挙げる予定だった、チャールズ皇太子とカミラ・パーカー・ボウルズだが、法王の葬儀と重なる為にあっさりと延期、4月9日に行うことになった。

チャールズ皇太子は女王の代理として法王の葬儀への参加も表明しているので、同行するカミラさんにとっては初の公式参加となるとか。
Royal wedding details to be fixed

それよりも、思わぬところで打撃を受けているのは、お土産やさん関係。
ウェディングの日付を堂々とプリントしたTシャツや記念皿が出回っているのに、一瞬にして使えなくなってしまった…
ところが、それにレアものとしての価値がつくんじゃないかと、今朝になって買いあさっている人もいるというから、もう意味わかりません。

英国国教会の長となるであろう人の結婚式と同じ日に葬儀を持ってきたバチカン。
法王の葬儀はこの日じゃないといけない理由があったんでしょうか?日が悪いとか。
じゃなかったら、どうせチャールズ達は離婚者同士なんだから、と暗に言われているような気もします。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-05 19:53 | 英国ニュース
<< バイアグラは妊婦にも嬉しい薬 ブランチ >>