チャールズ皇太子の試練はグランド・ナショナル?
チャールズ皇太子とカミラさんの披露宴の席でのエリザベス女王のスピーチは、グランド・ナショナルの優勝者の発表で始まったそうだ。
「あなた方に伝えたい、とても重要な事柄が2つあります。一つはグランド・ナショナルはヘッジハンターが優勝したこと。もう一つはビーチャーズ・ブルック(*1)やチェアー(*2)といったさまざまなひどい障害にもかかわらず、息子は走り通しました。
私はとても誇りに思うと共に、二人の幸せを願っています。」


グランド・ナショナルは2周弱しか走らないけれど、チャールズの皇太子の場合は一生競技場をぐるぐる回り続けそうな気がします。
Royal newlyweds at church service

(*1)グランド・ナショナルのフェンス6番と22番。着地が1m低く、その後ですぐに左にまがる難所。
(*2)グランド・ナショナルのフェンス15番。フェンス前1.8mが溝になっているだけでなく、着地場所は踏み切り場所よりも高い。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-10 09:35 | 英国ニュース
<< チャールズ皇太子、披露宴でのメニュー マドンナの子供はバイリンガル。... >>