ロシアの宇宙飛行士が欲しいものは?
インターナショナル・スペース・ステーションから帰還したばかりのロシアのシャリポヴ宇宙飛行士が記者会見で、
「心理的なストレスに耐え、仕事の能率を上げるためにも一日50ccのコニャックかワインが飲めることが望ましい」と語った。

シャリポヴ飛行士は2004年の10月から6ヶ月間の乗務を終え今週帰還した。
Cosmonaut wants booze in space


発想がいかにもロシアって感じで個人的には好きです。
記者会見で、お酒が飲めるといいなあ、なんて言えるなんて時代が変わった証拠なのでしょうか。気持ちは分かるんですよ、狭いところに6ヶ月も、他の国の人と共同生活をするのでストレスも溜まって当然ですからね。
でも、酔うのも早いんじゃなかったっけ?
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-29 11:45 |  LOdds
<< イギリスで静かなブームのスウド... ティアーズ・フォー・フィアーズ... >>