前立腺がんは『ボトル』が原因
ポリカーボネート樹脂というと、CDのパッケージから乳児のミルクボトルまで広く使われていますが、その原材料であるビスフェノールAが胎児に大きな影響を及ぼすとの研究結果が発表されました。

ミズーリ大学の研究によると、胎児の段階でビスフェノールAのような性ホルモンに影響を与える化学物質に毎日さらされた場合、少量であっても前立腺の細胞発達に影響が出るため、出生時は異常がなくても、後年になって前立腺に関係する病気になる確率が高くなるという。
Food wrap linked to prostate cancer


以前から性ホルモンへの影響が言われていたのですが、ビスフェノールAは文字通り何にでも使われているので全く触れないで一日過ごすのは不可能といっていいでしょう。
胎児で影響を受け、ミルクボトルで影響を受け、耐熱食器で影響を受け、オフィス機器で…
これだけ身の回りにあると、体に影響がないほうが不思議です。

あ、ガラス瓶からそのまま飲んじゃうっていう手もありますね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-05-09 18:35 |  LOdds
<< 元ベイ・シティ・ローラーズのメ... スピード車検 >>