紙おむつ Vs. 布おむつ、環境にやさしいのはどちら?
英国環境庁が行った調査結果によると、紙おむつと布おむつで環境に与える影響は同じという、ちょっと意外な結果が発表されました。

この調査は、2002年度に環境庁が独自に保護者2000人以上を対象に行なわれたもので、この手の調査は今までいろいろとあったけれど、オムツ会社による発表などがほとんどだったとか。
関係者以外による調査も規模も今回は最大だと関係者は話しています。

対象となったのは、紙おむつ、布オムツ(自宅で洗濯)、布オムツ(貸し)で、調査の項目は、
・製品としてオムツができるまでのプロセスで環境に与える影響(消費エネルギー、原材料、排気ガスなど)
・種類別オムツの一日の交換回数
・布オムツの再利用方法(洗濯の方法、量、洗剤など)

調査結果では、多くの保護者が布オムツのほうが環境に優しいであろうと考えていたそうですが、電気の元となる原油などのエネルギー源の消費や酸性雨、温暖化といった環境破壊の元となる公害は、それぞれのオムツで、公害を出す時期が違うだけでトータルで考えると差はないことが分かったそうです。
例えば、紙おむつは製造過程でプラスチックなどの化学品と電気を大量に使い、ゴミとして捨てるときに環境破壊が起こるが、布オムツは洗濯する時に電気を使い、水を使い、洗剤で水を汚すため、それらのファクターを全て考慮した上で見るとどちらが環境にやさしいとは言えないといいます。

環境庁では、どちらのおむつを使用するかは、それぞれの家庭のライフスタイルに合わせて選べばよいのではないかと報告をまとめています。

布オムツを使用する保護者も、時と場所によって紙おむつを使い分けをする人が多かったそうで、洗濯時の水温を下げる、柔軟材を使用しない、まとめ洗いをするなどの工夫をするように
呼びかけています。

No green winner in nappy debate
Environment Agency

貸しオムツ…懐かしい響きだわ
うちは布おむつ+夜と外出時だけ紙おむつでした。調査にあった布おむつ組と同じですね。

ふと思い出したのですが、こちらではご老人用のおむつはパッド(pad)。ナピー(nappy)じゃないんですよね、赤ちゃんのイメージだから。うっかり口にしそうで、結構気をつけている言葉の一つです。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-05-20 06:07 | 英国ニュース
<< バスの広告は... バス停 >>