『銀河ヒッチハイク・ガイド』
The Hitchhiker's Guide to the Galaxy(書籍の邦題は『銀河ヒッチハイク・ガイド』)を観てきました。
英国では、昔BBCでTVとラジオドラマ化されているくらい有名な物語を映画化したもの。
息子が、学校の授業でこの物語の冒頭の部分をやったそうで、その続きが知りたいから観にいきたいと結構せかされていました。

ちょうど、スターウォーズの公開2日目で初めての週末だけあって、いつもに比べて映画館がにぎやか。行儀良く並んでいる人たちを避けながらお目当てのスクリーンへ。

内容は、ここには書きませんが、息子が学校で習った理由が分かる気がします。
すごい映画ではないけれどコメディで結構笑わせてくれます。中でも、鬱のロボット、マーヴィンがブツブツ辛気臭いことを言い続けるのが面白い!
あと、見るからに着ぐるみを着ていますといった感じのヴォーゴンが安っぽいB級映画そのもので、それはそれでツボでしたね。

近日公開予定のトレーラーを見ていたら、ミリオンズ(Millions)が面白そう。メモしておこう。

SFものは、B級くらいが私にはちょうどいいかも。スターウォーズは苦手で実はちゃんと見たことがないです。スタートレックもダメ。
でも、英国のTV番組のレッド・ドワーフ(Red Dwarf)とかレックス(LEXX、こっちはカナダ製作)とかは好きです。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-05-21 08:25 | 観たり聴いたり
<< ユーロビジョン・ソング・コンテスト ロンドンの観覧車に退去命令が出る >>