チケットの手配
Edinburgh50000こと、エディンバラのLive 8のチケットが当たったということは前回書きましたが、今回はチケットの手配のお話。

エディンバラでのライブ8のチケットはホームから、携帯に送られた暗証コードを入れるとチケット会社のHPに転送、そこから郵送を手配する、という段取りでした。
ロンドンのライブ8のようにお店に直接行って引き換える事はできないんですね。全て郵送。
確かに、この方法だとチケットがどの住所に送られたのか全て記録に残るから、高額で転売する人を牽制するにはいいかもしれないと思ったわけ。

でも、ふと思ったんだけど、16歳以上が参加できるくじと言いながら、チケットを送るための郵送料はカード決済するしか方法がないのです。
これ、デビットカードもクレジットカードも持っていない16歳~18歳ってたくさんいると思うんですよ。
親のカードで決済しろってことなのかな。そこのところは、どうなんだろう。

その手続きがないのが、当選者には直接郵送してしまう葉書での応募だったんだけど、その違いはくじが始まったときにはちゃんと説明されていなかったと思うし。
バンドエイド・トラスト、甘いな、考えが。
せっかく当たったのにチケットが引き換えられない人が結構出るんじゃないかな。



チケットの方は、郵送の手配をしたので、あとはじっと待つのみ。
息子はすっかり行く気になっています。
もし、私の仕事が休みが取れても、今のところ翌日の昼前に帰ってくるのは不可能。
飛行機を使ってぎりぎりっていうところかな。
でも、2人で飛行機代が6万くらいしてしまう…(高い時間帯に乗るから)なので、却下。
電車だと、グラスゴーに夜中放り出され、早朝違う駅から乗って帰ることになるのでこれも却下。危ないことはしたくないので。
コーチ(長距離バス)は問題外。9時間かかってしまうので午前中には戻れない。
車で行くとなると、ちょっと…
この週は忙しいからなあ…
[PR]
by lisalisa9 | 2005-06-24 18:48 | 私の毎日
<< ライブ8 東京でも遂に(加筆) にきびは心臓病・前立腺がんを防... >>