チャッキーがやってきた
いきなりとても怖い名前です。

職場で、人工呼吸の出張トレーニングがあり普通のダミーと共にチャッキーがやってまいりました。
チャッキーも人工呼吸練習用のダミーなんだけど、気道に管を着ける穴が開いているのが普通と違う所かな。

スタッフは全員ファーストエイダー(救急法のコースを終了した者)
私も、6週間のコースで心臓マッサージの方法とか習ったのだけど、今回は、職場にいる子に合わせた人工呼吸の方法を習ったのです。
イングランドでは、医療系で介助の必要があればトレーニングを受けた介助者が1対1でつきます。新しい介助者が決まったので、そのスタッフのトレーニングのためについでに習ってしまおうという訳。
辞書を持ってくればよかったかな、って思ったけど、ファーストエイドのコースでも要らなかったから大丈夫だろうと病気の説明を聞いていたら、いきなり医療系の言葉がガンガン出てくる。日本語の病名が全然分からなかった。

チャッキーに特殊な人工呼吸をしたら…
え?これだけ?って感じ。
特殊な器具を使うけど、普通の人工呼吸より全然簡単だった…

それにしてもチャッキー君、口の中なんてちゃんと歯があるし、舌の触った感覚も本物みたいで非常に気持ち悪い。

そういうわけで、あまりにもグロテスクなチャッキー君の画像はいつもより小さい20%表示でございます。
a0005086_152243.jpg

[PR]
by lisalisa9 | 2004-04-27 15:23 | 私の毎日
<< 駅の隣の建物は? お守り >>