トラファルガー海戦再び
ネルソン提督と聞くと、大抵の日本人はロンドンのトラファルガー広場とハトまみれのネルソン像を思い浮かべるのではないでしょうか?

a0005086_20273067.jpgトラファルガー海戦200周年を記念してポーツマスで行われる、Trafalgar200にエリザベス女王夫妻が出席。
今日の午後1時より当時の戦いを再現する。フランスの感情を損なわないために、英国軍、ナポレオン軍とは呼ばずに青組赤組と呼ばれるという。
Queen arrives for Trafalgar event


いや、国民感情を考慮するというなら、やらないほうがいいんじゃないかな。
なんたって企画したのが英国海軍ってのもちょっとね。ツーリスト協会辺りがすれば、もうちょっと風当たりは柔らかかったかもしれません。
ネルソンの子孫も「ばかげたアイディアだ」と言っていることだし。
トラファルガー海戦でネルソン提督は亡くなるのだけれど、イギリスの英仏海峡を押さえる決定的な勝利は、それより10年後に起こったワーテルローの戦いですね。

ネルソン提督といえば、愛人のエマ・ハミルトンがうちの近所の出身なのですよ。
正妻との間には子供がいなかったので、ネルソンの直系の子孫はエマとの子です。
そんなこともあって、この辺りは縁の地やモノがたくさん。
リバプールにもWet Nelly(濡れたネルソン)なんて名前のケーキがあります。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-06-28 20:28 | 英国ニュース
<< ラウンドアバウト ラップタイムを知らせる、スマー... >>