ロンドンの恐怖再び
7月7日のロンドン無差別テロからちょうど2週間経った昨日(21日)お昼過ぎに、再びテロがありました。
ロンドン警視庁のイアン・ブレア警視総監は、今回は不発だった可能性があるとして、犯人が殺傷を目的としたものだと発言しています。
爆発した箇所が、バス1箇所に地下鉄3箇所と前回に酷似している点からもアルカイダとの関連があるようです。

今回は、『自爆』ではなく犯人は4人とも逃走中。昨日拘束されていた男性2人は、一人が釈放、もう一人は身柄を拘束中だそう。でも、直接は関係ないみたい。

確かに地下鉄全ての警備をもっと厳しくしていたの思うのですが、
どうしたら、こんなにも簡単に同じことができるのでしょう?
[PR]
by lisalisa9 | 2005-07-22 13:02 | 英国ニュース
<< チャリティ・パンツ 英国映画協会が選んだ『14歳ま... >>