安全者間距離
運転中、ある程度車と車の間隔を取る方が安全なように、人にも安全者間距離がありますよね。


家族や親しい友人は、肩が触れるくらい近くでも安心だけど、普通の人はそこまでは近くに接近しないよ、というアレです。
今日、仕事で行ったところの人は、この感覚が全く無いんじゃないかって思ったのです。

1m以内に立つんですよ。自分のテリトリーというか結界の中に立たれてしまった感じです。
すごくアンイージーな、不安な気分にさせられますよね。
これを外で見知らぬ人にやったら、警察に通報されているだろうな、と思うほどの至近距離。
台所に立てば、後ろに立って大声で話しかけてくるし、玄関へ行けば、玄関へ。場所を変えればすぐについて来ます。もちろん大声。ラジオもフル・ボリュームで、さすがにうんざり。

でも、私がうんざりしているっていうのが読めないんですよ。顔や態度で相手の気持ちを察することができないんですね。
それに、話の内容はともかく、よく聞いていると、全く会話になっていないんです。
聞き手の反応を見るとか、自分が聞き手になるとか、興味の有無にかかわらず相手の家族とか近況を聞くとか、そういった普通の会話が成り立たないんですよ。
うんざりしていたことも隠さずに、無言で反応しないで様子を見たら、全く気がつかないみたいで平気で一人で喋っていました。

これ、自閉症傾向の人によく見られることです。
世間一般で理解されている「安全者間距離」の感覚が自閉症、特にアスペルガー症候群の人たちには理解できないため、文字通り、人から教えてもらうそうです。

他の行動からして、彼もその傾向があるんじゃないかと思いましたよ。もちろん、推測の範疇から出ませんが、理由がなければ、『本当に危ない人』になってしまいますよね。


ところで、極めつけなのが、その至近距離でユニフォームがタバコ臭くなる程タバコを吸うんですよ。
私は吸わないので、本当に勘弁して欲しいです。自分の家だから吸うなとはいわないけれど、吸わない人への配慮って??
私の顔を読んでちょうだい…

以前、事務所にこの人のところは、そういう理由で行きたくないと言ったら、同じ理由で彼の家に行くのを拒否している人が半分以上いることが判明…
そう思ったのは、私だけじゃないのが分かっただけでもよかった…でも多すぎ。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-07-31 08:31 | 私の毎日
<< 映画バトン クレージー・フロッグに続け!欧... >>