映画バトン
minaちゃんから映画バトンが廻ってきました、が、さて困った…イギリスに来てから英語が分からなくて映画館に行かなかったもので、あまり見なくなっちゃったんです。
独身の頃は16ミリ映写機の技術講習とか受けたほど、こういうことは好きなのですが、今じゃ、TVは週に2時間くらいしか見ないんじゃないかな。
映画も音楽も買わない、とっておかない主義なので家にあるのは息子のものばかりです。
という辺りを頭に入れて読んでくださいね。あくまでも息子の趣味ですから。

1、所有している映画の本数それほど多くないです。
9本、うち3本は、宇宙船レッド・ドワーフ号(Red Dwarf)だったりします。smeg...
(リバプールつながりなんですよ~)

2、最後に買ったDVD
Dr. WHO 一昨日買いました。
イギリスの人気TVシリーズ、SFものなんですけど、ターデス(交番)なんて死語を息子は覚えましたよ。
エリザベス女王がバルモラルへのホリディに持っていくためにボックスセットをオーダーしたという、アレです。

最後に借りたのがライブエイド。

3、最後に観た映画
5月に見たThe Hitchhiker's Guide to the Galaxy(書籍の邦題は『銀河ヒッチハイク・ガイド』)
最近見ていないなあと思ったら、息子とアナスタシアのコンサートに行ったり、ミュージカルのスターライト・エクスプレスを見ていました。

4、よく観る、又は、特別の思い入れのある映画

いろいろありますが、イギリス関係では何といっても『イタリアン・ジョブ』最近リメイクもありましたが、やっぱりマイケル・ケインのコックニー訛りで、
"You're only supposed to blow the bloody doors off!"と言って欲しいです。これ、名せりふです。イギリス人にこのフレーズを言ってみてください、知らない人はいないはずですから。
あのミニでイタリアの銀行を襲撃し逃げ回るシーンには圧巻。
息子は、この映画を見て以来古いミニを買うこととトリノ観光を決意していますから。(予定では来年らしい)

あと、以前の記事にも書きましたが、「やられた~」といえば、スティーヴン・キング原作の『キャリー』
そういう意味でのヤラレタ、というか、後味悪い...と思ったのが『エクソシスト』。音楽は、倒産直前のヴァージンを救ったチューブラーベルズでしたね。イギリスは去年やっと解禁になったんですよ。
お気に入りなのは、『バック・トゥ・ザ・ヒューチャー』これは、面白いと思いましたよ。もう気がついたと思いますが最後にどんでん返しがあるのが好きです。
それから、ビデオで30回くらい見たのが『ダイハード』、定番をいっていますね。
『スティング』とかも好きです。
あと、トム・ハンクスの『ビッグ』も好き。スプラッシュもそうだけど、彼は子供の心を持つ役をやらせたらピカイチだと思いましたよ。
『真夜中のカーボーイ』も好き。あの暗さが好きです。

私の母が独身時代から映画好きで、幼い頃、家に映画音楽のレコードがたくさんありました。ビデオは無い時代ですからね。
母の掃除のBGMは映画音楽、それも『太陽がいっぱい』とか『第3の男』とか『エデンの東』とかでしたよ。その影響って大きいと思います。

さて、バトンの行方ですが、巷ではいろんなバトンが廻っているようなので、私のところではオープンエンドということにさせてください。
従来のトラックバックでどうぞ。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-07-31 09:52 | 観たり聴いたり
<< 必見のミュージカル、ベスト10 安全者間距離 >>