白鳥を殺して食べようとした男に実刑判決
アバディーン在住の男が白鳥をガチョウと勘違いし捕まえて食べようとした事件がおきた。
34歳のルイス・モンテイロはドン川の河川敷で友人とピクニック中、突如白鳥へ突進し白鳥にまたがって首を絞めて殺したうえ上着に包んで早足で現場を立ち去った。
短時間の後、警察がモンテイロを逮捕。白鳥は近くに捨てられていた。
モンテイロは、犯行を認めたものの、ガチョウと思い食べるために捕まえたが、警官を見て怖くなり投棄したと供述。
犯行に対して反省の意を表していると弁護士が述べたのに対し、
グランピアン警察の野生動物保護官は、「(ニギヤカな)ガチョウと鳴かない白鳥の差は大きく、最も大きな鳥のうちのひとつですぐに見分けがつきます。基本的に全ての野生の鳥は法の下に保護されているので、ガチョウであろうが何であろうが、彼に殺す権利は無いですよ。この事件によって、グランピアン警察では野生動物への犯罪を真剣に取り扱い、犯罪者は裁判へ送られることを一般へ知らせることができたと思います。」と語った。
今回、実刑が下った場合、懲役6ヶ月、または(及び)5000ポンドの罰金が科される。
Man faces jail for killing swan


本当に食べたいという衝動でやったんでしょうか?
精神鑑定のことは書いていないし、酔っていたわけではなさそうだし…危ない人がいるんですね、イギリスっていうかスコットランド。
ま、ハギスを生んだところですからね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-02 05:48 |  LOdds
<< 英仏海峡横断の新記録樹立 失恋でジャンクフードに走る若者たち >>