母のマネはしないように~ネット編~
今回のオフ会参加の為に支度をしているところへ現れた息子。

「今日は誰と会うの?」

「ブログに来てくれている人達。」

「会ったことあるの?」

「もちろん、みんな始めてよ。」

「ネットで知り合いになっただけで、実際に会った事がない人に会うなんて信じられないよ。」


ああ、そうだった。

イギリスではネットで知り合った人とは会わないように、と教育されます。
peadephile(ピーディファイル=未成年者への性的嗜好を持つ者)による犯罪から身を守る為、小学校でメール・アドレスをもらう時に頭に『刷り込み』されるのです。

まだ小学生の子供に「まず、相手を疑え」というのは殺伐とした感じでシニカルな子供に育ってしまうのではないかという意見もありますが、イギリスの小学校でのネット教育は、まず疑うことを教えることから始まるといっていいのではないでしょうか。
具体的には、
・ネット上の情報は必ずしも正しいとは限らない。どれが正しいのかを見極める眼を養うことが大切。
・相手は架空の人物で、犯罪を目的に近寄ってくる場合があるので、自分の写真や名前、携帯の番号などを相手に知らせたらいけない。

確かにすべて疑ってかかるとシニカルな性格になりそうですが、全く無防備で犯罪に巻き込まれるよりは、どこか頭の隅に刷り込まれていた方が親としても安心というのもあります。

そんな教育を受けてきた息子にしたら、「オフ会?信じられないよ」ということになるのかもしれません。
もちろん、今回のオフ会は大丈夫なわけですが、どうして大丈夫なのかと説明は出来ない、理由がないところに困りました。
「私たち、オトナだから。」なんて意味ないですからね。

息子が学校の先生に言わないことを願います…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オフ会はとても楽しかったです。
場所は、ちょっと状況を甘く見ていた部分がありました…次回への反省材料ですね。
(懲りてない!!)
参加してくださった方々が記事にされていますので、そちらの方をどうぞ。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-29 15:34 | 英国いろいろ
<< From Schipol wi... スタバ・オフのお知らせ >>