魚の舌を食べて寄生する虫、発見される
a0005086_7483844.jpgイギリスで初めて、魚の舌を食べ本物と入れ替わる『寄生虫』(cymothoa exigua)が発見された。
ロンドンの魚屋で売られていた鯛の口の中から見つかった体長3.5cmのこの寄生虫は、ゆっくりと魚の舌を食べ、根元だけが残るともぐり込んで自ら舌の一部となるという。
この甲殻類、通常アメリカのカリフォルニア沖で見られるそうで、今回発見された魚が捕獲された場所がその辺りではないかと推測されている。
a0005086_750512.jpg
人間に寄生することはないという。
Tongue-eating bug found in fish


画像、怖いですよね。
人間には寄生しなくてよかった…
[PR]
by lisalisa9 | 2005-09-05 08:00 |  LOdds
<< ミス・イングランドはウズベキス... 「ついで」気分でプレゼント >>