麺の起源に決着?4千年前の麺が発掘される
a0005086_3585837.jpg中国黄河上流のLajia遺跡で世界最古の麺が発掘された。
壷の中にあった長さ約50cmの麺は、円錐形状になっている部分に乗せられて「保存する状態」にあったという。
調査の結果、麺は4千年前のものと判明。
現代の小麦粉による麺と違い、粟で作られているものの、製法は文字通り「拉麺」。
現在でも作られる、麺を引っ張って細くしていく方法だという。
このLajia遺跡は、大地震の後氾濫した黄河が集落を襲い、一瞬のうちにして飲み込まれた所で壊滅的な様子がそのまま残る「中国のポンペイ」だという。

今までで最も古い麺に関する文献は、漢時代(AD 25 ~220)に書かれたもので、それ以前の起源―誰が発明したのか―ということについては、イタリア起源説、アラブ説、中国説がある。
今回の発見は、元々中国に生えていた草(粟)を使って作られたのを起源とする中国説を裏付けるものと考えられている。
Oldest noodles unearthed in China


中国4千年の歴史、とよく言いますが、これは本当に4千年前に作られていたんですね。びっくりです。
あわにはグルテンがないので、おそらく食感は10割そばみたいな感じなのでしょうか。(そばにもグルテンはないので)
グルテンがないと引っ張るとブチブチ切れるでしょうから、つなぎに何を使っていたのか、そっちの方も気になります。
食べ物って想像をかき立てられますね。
私だけかもしれませんが。

ところで、この遺跡の名前ググってみたのですが、どうしても日本語表記が分からなかったのですよ。
漢字でこう書くんだよ~と教えてくれる方、よろしくです。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-10-13 04:15 |  LOdds
<< 007初のブロンド・ボンド 世界コンカー選手権 >>