音楽でパフォーマンスが2割増しに
音楽を運動の前と最中に聞くとパフォーマンスが最高で20%上がるとの研究結果がブルネル大より発表された。
大切なのは音楽の種類ではなくて、テンポ。強度が高い運動をするときはテンポの速い曲、低い時はテンポの遅い曲を聴くことで、運動の抑制を助けパフォーマンスの持続を促進。音楽を聴いている間、意識を集中させ、疲労感を感じさせないようにする働きがあるという。

また、音楽を大会前に聞く事で、緊張を落ち着かせる、または奮い立たせる効果があるという。
実際に、オリンピック、スーパーヘビー級チャンピオンのオードリー・ハリソンは試合前に日本のクラシックを効き、緊張をほぐすという。
Music boosts sporting performance


まあ、この辺りのことは、数値が出ていなかっただけで、周知の事実ではあったので別に驚くことではありませんよね。
それよりも、元記事にBBCが薦める音楽の例があってこれがちょっと笑えたので、貼り付けておきます。

運動に適切な音楽の例

運動強度が最も高いもの-例:ランニング
Rock: The Heat Is On - Glenn Frey
Pop:Reach - S Club 7
Soul/R 'n' B: Everybody Needs Somebody to Love - The Blues Brothers
Classical: William Tell Overture - Rossini

強度が高いもの-例:エクササイズ・バイク
Rock: Born to be Wild - Steppenwolf
Pop: Movin' Too Fast - Artful Dodger & Romina Johnson
Soul/R 'n' B:I Feel Good - James Brown
Classical:Troika - Prokofiev

強度が中くらいのもの-例:ジョギング、ゆっくり泳ぐ
Rock: Keep on Running - The Spencer Davis Group
Pop: Don't Stop Til You Get Enough - Michael Jackson
Soul/R 'n' B: I Will Survive - Gloria Gaynor
Classical: Radetzky March - Johann Strauss

強度が低いもの-例;ウェイトリフティング、パワーウォーク
Rock: The Best - Tina Turner
Pop: Lifted - Lighthouse Family
Soul/R 'n' B:Back to Life - Soul II Soul
Classical: Spring, from The Four Seasons - Vivaldi


ええっとですね、私の場合はスポーツクラブでは、TV見てます。ドキュメンタリーがほとんどかな。いい番組がないとラジオのチャンネルに切り替えますね。
ジョギングの曲を自分で選ぶなら、
大好きな80’からは、
デュランデュラン- リフレックス
マドンナ- イン・トゥ・ザ・グルーヴ
スタイルカウンシル- シャウト・トゥ・ザ・トップ
ワムとかブロス(Bros)も走るのにはいいかも。
最近買ったアルバムだと、ケリー・クラークソンなんかいいと思うな。
あ、ロビー・ウィリアムズのレット・ミー・エンタテイン・ユーは走るのにぴったり。

みなさんの運動中に聴く、パフォーマンスアップの曲って何ですか?

あ、上の曲はジョギングする時だけですよ。ま、ABBAのダンシング・クイーンにだって合わせて走ってみせますとも。

ブログ中に聴く、ヘビーローテーション中の曲は、ジェネシスのイッツ・ゴナ・ゲット・ベター。
さすがにプログレじゃ走れませんって。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-10-22 07:38 | 英国ニュース
<< 中田を見てきます 早期退職者は定年退職者より死亡... >>