女性ホルモンが多い人はカワイイ顔になる
高レベルの女性ホルモン、エストロゲンを持つ女性は、かわいい顔になるという研究結果がセント・アンドリューズ大学より発表された。
それによると、思春期のエストロゲンの量は、女性の骨格と皮膚を決定し、容姿に影響を与え、それが多いことで女性的なかわいい顔立ちなるという。
女性ホルモンが多いということは、子供を産みやすい体であるということであり、男性が、無意識のうちに、より女性的な顔を選ぶ事は、種の保存上、自然の摂理にかなっていると言える。
しかし、生来の魅力が少ないエストロゲンの少ない女性でも化粧をする事でこの効果が隠されるため、相手を見つけることができるのだという。
a0005086_11305240.jpg

(左が女性ホルモン、エストロゲンが多い顔、右は少ない顔)

女性の顔は生理周期によっても影響され、最も魅力的な顔に変化するのは、排卵日に当たるという。
'Hormonal' women most attractive


思春期に何か足りなかったのか、そうか…
ほとんど化粧しないというのも、この場合まずいですね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-02 11:20 |  LOdds
<< 15歳、匿名精子提供者の「父」... このブログのお値段は? >>