ガイ・フォークス・デーと花火大会
昨日、5日はガイ・フォークス・デーでした。
この日はどんな日?という人は、去年の記事へGO!

今年は、400周年記念ということで、TVでもいろいろと詳しくやっていましたが、実行犯のリーダー、ガイ・フォークスが生まれたヨークでは一連の催しが行われたとか。

a0005086_1874649.jpgリバプールでも、数箇所で花火大会をやっていましたが、なんといっても一番見栄えがするところは、マージー河の特設ステージで行われる花火。

町の象徴でもある世界遺産のスリーグレイス(ライバービル、キューナードビル、ポート・オブ・リバプールビルの3つの総称)の上に打ち上げられるので、花火の美しさと建物のシルエットがなんとも言えないほどキレイ。

スリーグレイスの上にあがった花火を見るには、対岸の町から見るのがお薦め。

昨日は雨が降っていたのと結構風もあったので、行われるのか心配でしたが、ちゃんとやっていましたよ。
対岸の町の川沿いの遊歩道は鈴なり…
夜の景色を撮るには、天気もカメラも腕も悪すぎるので、プレスリリースの画像で、お許しください。
カメラはさっさと諦めて持っていかなかったくらいですもの。
Mersey display goes with a bang


それにしても、昨日はうるさかった…
近所至る所でロケット花火ですもん。色とか風情を楽しむってことはしないのか、音が大きい、遠くまで飛ぶのが人気みたい。
息子は、11時過ぎても花火していたら、警察に訴えてやる~と言ってました。犬並みに音を嫌がります。野生が残ってるようです。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-06 18:01 | 英国の祭りと大会
<< ロンドン―ブライトン、クラッシ... 英・フーリガン逮捕リスト、ワー... >>