ネトル
バスに乗って森へ
a0005086_8581029.jpg

今朝、かなり強い雨が降っていたので足元はかなりぐちゃぐちゃ。
こういう時って普通に歩いていてもカロリーをたくさん消費するような気がします。

そうそう、生まれて初めてネトル(nettle)に刺されました。
これは、一見、シソにそっくりな雑草で、葉の表面のうぶ毛に触れるとチクチクするのです。
(今調べたら、シソの仲間だった。どうりでそっくりなわけだわ)
実際には、うぶ毛が刺さるのではなく、かぶれるのでチクチクするのだとか。
ドックリーフと呼ばれるタデ科の草にその毒を中和する成分があるので、まずは、その草を探すのですが、まわりに全然なくてがっかり。

普通なら絶対に近づかないのですが、子供がネトルの中に入ってしまい、顔にかかりそうだったのでとっさに手が出てしまった…しょうがないですよね。

本当にいらいらするほどチクチクします。
そして、5分としないうちに刺されたところがかぶれて赤く点々と腫れてきましたよ。
子供の頃、毛虫に刺された時の感覚ににているなって思い出しましたね。

ドックリーフの次に効くはずの抗ヒスタミン剤のクリームを塗ったら、すごく痛いんですよ!!
12時間経ちましたが、腫れは引いたものの、腕には赤く点々とした跡が残ってヒリヒリします。
こんなに痛さが長引くものだったのか…


それより、このネトル、ちゃんとした薬草でもありネトル茶とかホメオパシーでネトルなんてのもあります。
中世では、貧しい人の『野菜』だったそうで主食がこれを煮込んだものだったとか。
う~ん、私はパスします。
(煮るとかぶれなくなるそうですが。)
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-10 09:19 | 私の毎日
<< 防衛省所有、秘密の地下都市が売... 故人のIDを盗んだ男、実刑を受... >>