グーグルのホリデー・ロゴ
私が使っているPCにもGoogle Barを入れたほど、毎日お世話になっているグーグル。

日によって検索窓の上のロゴにイラストが加わっていて、ああ、そうか、今日はセント・パトリックデーなのね、なんて気がつく事がしょっちゅうあります。ちょっとした遊び心がいいですよね。

このイラストを描いている人がBBCに載っていたので思わず読んだのですが、描いているのはプロのイラストレーターではなくて、Googleのウェッブマスターなんですって。

デニス・ホワンさん(27)は、2000年から一人で全てのホリデーロゴを描いているそうで、その数は年間約50枚。昼はウエッブ・マスターとしてプログラミングをし、夜にイラストを描くのだとか。
世界中で多くの人が見ているということは「考えないようにしている」のだそう。
ほとんどのロゴは、スイス・ナショナルデー、ペルシャン・ニュー・イヤーといったその国独特の記念日のため、私たちが見る機会は彼が描いたイラストのほんの一部だといいます。

Holiday Logos and Events -- Google style!2000年の七五三もあった!
Google doodler draws attentionタイトルがグーですね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-21 04:21 | 私の毎日
<< イギリス人はパブからも離れている? カフェイン抜きコーヒーは、身体に悪い >>