ゲイのためのウェディングショー大盛況
月曜日からゲイ同士での結婚が認められるイギリスで、4日の日曜日にブライトンで行われたゲイ・ウェディングショーに、去年の倍に当たる1300人が訪れた。

出店では、夫婦タオルならぬ「夫」「夫」タオルやピンクのウェディングケーキが登場。ウェディング業界の他にも、ブライトンとコーンウォールの登記所の役員が出向き、法律上の事柄やゲイ挙式に必要なもの、金銭的なことのアドバイスをした。

ゲイの始めての挙式は21日の朝8時にここブライトンで予約されている。
Hundreds attend gay wedding show


いよいよですね、解禁。
イギリスは婚姻届を提出すれば成立する日本とは違って、すぐには受け入れてもらえません。
3週間だったと思ったけど、2週間だったのかな。
自分の時が3週間待ったのかな…
その間、登録所の掲示板に結婚予定カップルの一覧が表示され、異議があれば「待った」をかけることができます。
チャールズ皇太子とカミラ妃(って使っていいの?)のご成婚の時も異議を申し立てた人がいましたっけ。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-12-05 08:39 |  LOdds
<< 男の子の方が得? 世界最古の量産クリスマスカード... >>