保育料はどのくらい?
イギリスの保育所に子供を預けるのにかかる費用はどの位だと思いますか。

最近の調査によると、フルタイム保育にかかる費用は2歳児未満で平均週 142ポンド(28400円)だそうです。
保育所なので週52週支払うと考えると、年間に支払う額は7380ポンド(148万2千円)。 2005年度のイングランドの平均年収は約25.000ポンド(500万円)だから、年収の実に3分の1近くが子供一人の保育費に消えることになるわけです。

どうです、高いと思いませんか?

年収がこの5年間ほぼ据え置き状態で伸びないのに対し、保育料が27%も増加したその原因は、人件費が上がったから。
従来、給料が安い職種であった保育士の賃金が法改正によって最低賃金を保証されるようになったため、人件費の増加と共に保育料も値上げされてしまったわけです。

イギリスでは、4歳以上の子供全てに政府がチャイルドケア代を負担することになっています。(*実際にお金が出るのは市町村なので余裕のある自治体では、3歳から補助金が出るところもある)
ところが、このチャイルドケア補助金は半日X5回分しか配布されません。
保育所でこの補助金を使うなら、2.5日分。プレスクールでは、半日のセッションで一週間分。
働く親にとって、半日X5回のセッション分の補助では全く足りません。
もちろん、日本の保育所のように収入に対し保育料が変化することもありません。一律なんですね。
もし、保育料の免除とかがあるならもっとみんな働きに出やすくなるはずですが...


セッションの事でもうちょっと説明を加えると、イギリスのプレスクールは分類上はセッショナルケアなんですね。(対する保育所はデイケア)
最低60分セッションの間を空ける、なんて規則があるので一日を通して開けることができず、大抵のところは、午前の部(セッション)と午後の部と分かれています。
そのため子供を置いてパートに出るには時間が短すぎるということになるわけですが、といって、フルタイムで働くには、それなりの収入が見込めないとチャイルドケアに全て消える事にもなりかねません。なんたって一人で150万ですから。
その辺りも働き損をするをするからフルタイムの仕事に就かないほうがいいという風潮を生む要因になっているんですね。






具体的に、どのくらいの額が補助として出るのかというと、自治体によって違うのですが私の住むところでは半日(2時間半)X5回分が35ポンド。これが33週間分(11週間X3学期分)出ます。
何度も書きますが、保育所で使うには、全然足りません。

仕事をしながら保育費を節約する最終手段としては、親族総出での子守りと親同士で代わりばんこに面倒を見るかしかないですね。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-09 11:47 | 英国いろいろ
<< 低カロリーじゃがいも、英国スー... 本物?贋作?エイリアンが屋根裏... >>