象の怨み
イギリスのことわざにElephants never forgetというのがありますが、どうやら記憶力のよさは怨みに支えられているようで。

ケニアのアンボセリ・エレファント・リサーチ・プロジェクトの研究者によると、ここ数年、特にこれと言った理由がなく象が集落を襲う事件が増加しているのは1970年代から80年代にかけて行われていた大量密猟を象が覚えていて人間に対して怒りを抱き、復讐するのためからだという。
同様に、年寄りの象は若い世代の象へ人間に対する怨みを『語り伝える』証拠がみられたという。
Vengeful elephants never forget


以前、Rolo(チョコ)のCMで、象の前でチョコを見せびらかせて食べた男の子を覚えていた象が、大人の男性を見たとたんに殴りつけるってのがあったのですが、そのままじゃないですか。
動物をいじめちゃいけませんよ、ね。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-17 04:28 |  LOdds
<< 7歳、3歳の弟に乾燥機にかけられる BRITs2006 ブリット・... >>