7歳、3歳の弟に乾燥機にかけられる
弟に乾燥機にかけられたのはゲイツヘッドに住む7歳のギャリー・パーヴィス君。
3歳の弟、ロブソン君とかくれんぼをしていて隠れた所が、乾燥機の中。ギャリー君が隠れているのを見つけドアを閉めたとたん自動運転に設定されていた乾燥機が回り始め、大声で叫ぶロブソン君に気付いた両親が駆けつけたという。
「乾燥機は絶好の隠れ場所だと思って隠れたんだ、そしたら急にグルグル回り始めたんで助けてってガラスを手で叩いて叫んだんだ。ものすごく怖かったよ。」
ロブソンくんは、軽度のやけどを負っただけで済んだという。
Boy tumble-dried by his brother


もう、7歳なんだから、洗濯機とか乾燥機とか冷蔵庫とか出られない所くらい分かってもいいはずなんですが...
なんかね、チャイルドロックというか、冷蔵庫や戸棚扉が開けられないようなロックをつけるのはいい案だとは思うのだけど、つけることで親が子供に危険を教えないままにしている部分もあるんじゃないかなって思いますね。だからいつまでたってもイマイチ危険が分からない、実感できない子供が増えているんじゃないかなあ。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-18 11:04 |  LOdds
<< 夕飯が億劫な時は 象の怨み >>