亡き母の灰、e-bayを使って世界の旅へ
e-bayネタが続きますが。

『世界中を旅したい』
2年前、72歳で亡くなったマーガレット・ビートンさんの願いを叶えるため、息子のグレン・ビートンさんはe-bayに亡き母の灰を出品。
e-bayは、人体(の一部)をオークションにかけることを禁止しているため、17日、出品を取り消されたが、灰を撒く手伝いを申し出るEメールが800を超え、豪華客船クイーン・メアリーⅡで最後の旅に出ることになった。

Ashes to go on ocean liner cruise


臓器売買につながる恐れがあるので、e-bayは認めないってのは納得ですね。
世界中に灰を撒くのってすごくいい感じですね。私はお墓は要らない人なので憧れます。
その前に輸出許可証が必要ですが...
マン島に出すのにも要るんですよ。えっ??って聞き返したことがあります。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-23 01:13 |  LOdds
<< 排卵期の女性は、低音の声の持ち... エルトン・ジョンの赤いピアノが... >>