カーナビでオジーが道案内?!
イギリスのカーナビ。まだまだ初期の形ではありますが一般にも出回るようになり、取り付けた車を見かけるようになりました。そうなると、パーソナルタッチが欲しくなるわけで。

お気に入りのスターのナビ声をダウンロードできるVoice Skins社から今回発売されたのが、オジー・オズボーン・ヴァージョン。
f*** そのまま版とf***ingのところにビーッという音が入った2種類が出ています。

オジーが道案内というだけでかなりアブナイ気がします。

“take the next f****** right” (次の角を右だ)

で、曲がるところ間違えると、シャロンが登場
“Turn around, arsehole.” (Uターンしなさいよ、バーカ)

これだけが聞きたくて、意味なく近所をぐるぐるとしそうです。

"In 400 metres you have reached your f***ing destination." (あと400mもしたら****目的地だぜ)

いや、もうちょっと聞きたいから、走りましょう。

"I've lost the f***ing satellite!" (衛星がどこかに逝っちまったぜ)

シグナル失っちゃいましたか?

ナビ声の持ち主は、本人ではなく日本でも放映していたスピッティング・イメージ(Spitting Image)やサタデーナイト・ライブ(Saturday Night Live)で声を担当していたブライアン・ボウルさん。
同社のダウンロードサイトには、クリント・イーストウッド、ショーン・コネリー、クイーン、ヴィクトリア・ベッカム、バート・レイノルズ、パトリック・スチュワートなど聴きたくなるものが揃っています。

バート・レイノルズのキャノンボール版なんてワイルドで楽しそうだけど、信号無視したくなりそう…

ところで、この技術を開発した会社では、生の声を一度アップロードしてから、ナビ声としてDLする技術も開発したそうで、単身赴任中のお父さんの車に子供の声でナビなんていいかもしれません。
Sat nav gets a Hollywood voice
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-26 15:29 |  LOdds
<< 原始時代の紳士も金髪がお好き 中学校で針治療を >>