原始時代の紳士も金髪がお好き
もともと黒い髪と目の色だった人類に、金髪に青い瞳が現れるようになった今から約1万年~1万1千年前。突然変異で起こったこの遺伝子が広まったのは、原始時代の男性も金髪が好きだったからだとする研究が発表された。
北ヨーロッパ人は、マンモス、トナカイといった獣を食料として追いかけていたため、男性が狩で死ぬ確率が高く、特に飢饉の年では女性の数が圧倒的に多かった。
女性の数が多くなった時に、『目立つ』金髪・青い目の女性が男性に好まれたため、金髪の遺伝子を持つものが北ヨーロッパに短期間で広まったのだという。

WHO(World Health Organisation)によると、劣性遺伝子であるナチュラルブロンドの遺伝子を持つ人は次の200年で消滅する危機にあり、2202年にフィンランドで生まれる子供を最後に絶滅するあろうといわれる。

Cavegirls were first blondes to have fun


以前にも書いた気がするんだけど、イギリスに住むようになって分かったのですが、本当のナチュラルブロンドの人なんてほとんどいません。もうちょっとブラウンが入った人はたくさんいますけど、子供の時に見事な金髪の子も初潮が始まる頃に暗い色になっちゃうんですね。
ま、ホルモンだからしょうがないのですが、本人としてはショックのようでこの位の年齢から、髪を染め始めるようになるようです。

髪といえば、息子の髪も季節によって色が変わるんで面白いです。私なんかだと明るくなる=傷んでいるですからね。
ここ3週間くらい前から、また急に明るくなってます。紅葉みたいです。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-26 19:34 |  LOdds
<< バブルリングを吐くシロクジラ カーナビでオジーが道案内?! >>